忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[]
top
【2017/11/24 10:53 】

あるAnonymous Coward 曰く、 3月4日、The Open Source Initiative(OSI)が「European Union Public Licence(EUPL)version 1.1」をオープンソース・ライセンスとして認定した(OSOR.EUの記事、OSOR.EUによるEUPL詳細解説)。 EUPLは欧州委員会によって発行されたEU公式のオープンソース・ライセンスで、EUの公用語である22言語でライセンスが規定されており、そのすべてが同一の効力を持つ。また、EUPLはGPLv2と互換性を持つとのこと。 GPLの場合、英語版が「公式版」であり、そのほかの言語への翻訳版は「参考訳」とされているため、非英語圏のユーザーにとっては使い勝手が良くない。内容が似たオープンソース・ライセンスが増えることを「混乱を招きかねない」として問題視する人もいるようだが、EUPLはEUで使われる各言語向けに同一(と見なされる)のものが提供される、という点において意義があると思われる。


なるほどね…
PR
CATEGORY[未選択]
top
【2009/03/24 23:29 】
<<ニンテンドーDS、販売台数1億台突破 | HOME |オウルテックから全7色のLEDを採用するファンが21種類も登場 >>

忍者ブログ [PR]